So-net無料ブログ作成

キャッシングと大口融資

キャッシングというと軽く借りられる気分になるから不思議な言葉です。

300万円のキャッシングと300万円の大口融資というと、なんだか異質なような感じがします。

それがキャッシングという言葉の甘い罠で比較的簡単な審査で、これまた簡単にキャッシングをができてしまうのです。

大口融資というと、わざわざ窓口に出かけていって、審査を受けてという気がしますが、こちらも案外スムーズな手続きで大口融資ができます。

便利な世の中のようですが、キャッシング大口融資も共に借金であること、高金利がついてまわることだけは絶対お忘れなく。

大口融資キャッシングも同じ、当たり前ですが、念を押します。

大口融資規制とは?


大口融資規制とは、特定の企業または企業グループに対する融資額の上限を定めた規制のことをいいます。

これは、銀行保護ともいえる規制といえるのは、融資額が大きくなり経営破たんから銀行間の経営の悪化を招く状況を防ぐために、大口融資規制ができました。

大口融資規制の範囲として、貸付のほか、外貨建て貸出や海外店貸出も含まれています。
大口融資規制の基準は一債務者に対する貸出金の合計額が、普通銀行については広義の自己資本の20%、長期信用銀行および信託銀行は同30%に相当する額になります。

1987年度からは、大口融資規制は、同一人に対する貸出限度規制に加え、貸出金以外の信用供与も含めた信用供与限度や関連子会社に対する信用供与も含めた信用供与限度が導入されていますが、債券や株式は限度に含まれていません。